問い合わせ
株式会社ジオフィール

トップページ 会社紹介 耐震診断 根入れ調査 地中レーダ 空洞調査 各種調査

地中レーダによる調査


空洞や緩みの調査に! 地下埋設管の調査に!
構造物の劣化判断に!


◆地中レーダとは?

電磁波は空中や地中を伝播するとき、電気的特性の異なる物に当たると反射す
る性質を持っています。
地中レーダとは、この性質を利用した探査手法です。
地表あるいはボーリング孔内から地中(あるいは建造物内)に電磁波を発射し、
目標物からの反射を解析することにより、地下の空洞や水溜まり、水道管やガ
ス管などの埋設管、建物壁面内の鉄筋や地層境界面などの位置を把握できま
す。



右の写真は、工場敷地内の深度2m付近に埋められた異物の位置を把握するために、地表面から中心周波数270MHzの電磁波を発信しているところです。
rader

◆解析結果の例

haikan tekkin
配管と鉄筋の例 鉄筋とスラブ層20cm下の空洞




パンフレット(pdfファイル)はこちらから-----> レーダーパンフレット
※Adobe Acrobat Readerが必要になります。




トップに戻る   ページ先頭に戻る

問い合わせ


Copyright © 2014-2018 Geofile Co., Ltd. All rights are reserved.